新着情報

「皮膚科」「耳科」 診察(初診)のご案内

お知らせ

2019.07.20

当院では「皮膚科診察」のセカンドオピニオンを受け付けております。
原因、治療方法についてなるべくわかりやすくご説明致します。
皮膚科診察は視診・問診→必要に応じた検査→原因の説明→治療選択肢のお話→治療という流れで診察を行っております。
個々に合わせた治療内容をご提案いたします。

皮膚科症状(痒み、フケ、脱毛、カサブタ・・)でお悩みの方
はお気軽にご相談ください。

当院では「耳科診察」のセカンドオピニオンを受け付けております。
一言で外耳炎といっても原因はそれぞれ違います。耳道内視鏡を用いた耳内部の詳細な確認により、原因とケアの方法をわかりやすくお伝えいたします。
耳の症状「痒み」「臭い」「耳垢が多い」「首を振る」などでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

・お電話にて(来院希望日、午前、午後、犬種、年齢、主な症状)をお伝えください
(院長が診察を行いますので、不在日、手術予定等によっては対応できないことがあります)

我々が得た皮膚科、耳科診察の知識を少しでも皆様に還元できれば幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。
                                                                                                    獣医師 五日市大介
  • かぶれ、赤い皮膚やガサガサな皮膚は「痒み」の原因になります。

  • ボツボツした皮膚症状、カサブタ、抜け毛は原因の判断が重要です。

  • 脱毛、舐め行動は皮膚科だけの治療では改善しない場合もあります。

  • 猫の皮膚炎のご相談は最近増えております。

  • 正常な鼓膜です。外耳炎ではこの周辺に汚れが溜まります。耳内視鏡で確認ができます。

  • 長期の外耳炎を起こした鼓膜です。周囲を綺麗にし、適切なケアを行うと回復することが多いです。

  • 正常な耳道です。適切なケアを心がけましょう。

  • 繰り返す外耳炎では耳道が狭くなり、多量の耳垢が認められます。点耳薬や耳クリーナーでは改善が困難です。適切な耳洗浄が効果的です。