ポプラ日記

「耳科 セカンドオピニオン」 のご案内
  • ブログ
2022年08月12日(金)
こんにちは五日市です

当院では皮膚科と耳科でセカンドオピニオンを受け付けております

今回は「耳科のセカンドオピニオン」についてご案内いたします

「こちらの動物病院では耳科の症状に対して何ができるのか?」ということですね

① 現状把握(診断)をなるべく詳しく行います・・・外耳炎、中耳炎・・といっても、風邪、胃腸炎と同じで原因は様々です。

② 今後の展望についていくつかのパターンをご案内・・・薬つけて様子見ましょう・・で維持できない症例に対して他の方法をご紹介できます

③ 使う薬剤の種類や検査内容・・・施設によって使うお薬や手順、方法はまちまちです、ご家庭の料理みたいですが、施設が異なれば様々なことが異なります

④ 耳内視鏡(特殊機材)を使用することでできることが多い・・耳道拡張、中耳洗浄、耳内ポリープの除去、鼓膜付近の頑固な汚れの除去などなど→結果として薬剤でのケアがしやすくなります

⑤ 外科適応と言われた場合、上記の治療によって回避できる症例も多い・・・それぞれにメリット、デメリットがありますので選択してみましょう、年齢や性格、飼い主さんの考えなど考慮いたします

「当院でできないこと・・」もご説明いたしますね

① 耳道の外科(全耳道切除術や鼓室包切開術など)・・・根治が期待できる反面、外科の得意な獣医師でも、耳科の外科は難易度の高い部類に入り、合併症や術後の経過が思わしくないケースもあります。当院では、外科適応になった場合、他施設をご紹介しております。

② CT、MRIの検査・・・この検査機械は大学病院やごく一部の動物病院でしか受けられない検査です。中耳炎の確認や、脳、外耳道の状態などの把握に有用です。必要によってはそのような施設をご紹介いたします。当院では、症状確認やレントゲン検査などを行い、まずはできる処置治療を行い、治療経過によって精査をご提案することがあります

上記のように当院の立ち位置としましては
なかなか治らない、ケアが困難な症例」に対し、診断の見直しと新たな方法をご提案できるということです
ただし、明らかに辛さが多い場合や、内視鏡などの治療の限界を感じる症例につきましては外科適応と判断させていただきます
「何とか外科を回避したい・・」という思いで日々処置を行なっており、その効果も実感しています!

なかなか治らない・・外科を勧められた・・という症例の80%(あくまでも当施設に来院された症例での感覚ですが)はコントロール可能な症例という印象です
もちろん内科療法も、費用、手間、時間がかかりますので、どちらがベストか?は状況によって異なります

外科手術は・・なるべく耳が無くなるのは避けたい・・というご意見をよくききますし、自分も本人に苦痛がなければなるべく避けたいですね
(歯科治療のような考えに似ていますが、温存できる方法を耳科でもご提案いたします)

「今以上に、良くなる方法があるんです!」
まだ、発展途上の分野で、このような治療を積極的に行なっている動物病院は少ないですが、治療症例を重ね皆様にその効果を実感していただけるよう精進して参ります。

その症例にとって、飼い主さんの考えにより、最善と思われる方法を一緒に考える一助になれれば幸いです
フレブルさんは皮膚、耳のトラブルが多い!?
  • ブログ
2022年08月11日(木)
人気犬種の一つ、フレンチブルドック

皮膚病と耳のトラブルは他犬種よりも多いです

原因はいくつかありますが、その状況を把握した上でうまく対処することが必要です。
(この場では細かくお話しませんが、皮膚、耳でいくつかの特徴があります)

スキンケアの方法も、他犬種とは異なりますのでご注意を!

皮膚科、耳科が好きな者としては、この状態を攻略することが一つのテーマでもあります。

お悩みの際はご相談くださいね!
耳の治療方法はいろいろありますよ
  • ブログ
2022年08月10日(水)
こんにちは五日市です

耳のトラブルでお悩みのワンちゃん猫ちゃんは非常に多いですよね・・。

当院には、そんなお悩みの方が日々来院されます。

「原因がわからない」「繰り返す」「手術が必要だと言われた・・」などなど

耳の手術って・・??

一般的に耳の手術は、耳の道を全部摘出する全耳道切除、中耳の中(鼓室)に穴を開けて中をきれいにする鼓室包切開術などがあげられます。
いずれの手術も、「完治」を目指すものではありますが、なにぶん合併症が発生しやすく、また、鼓室の中をしっかり処置できなければ再発なども考えなければなりません。
また、聴力が失われることもあります。

点耳薬や洗浄と外科手術で近年までは2通りの選択肢でしたが、ここ10年くらいでその中間の「耳内視鏡による処置」が可能になりました。
まだまだ一般的ではありませんが、「完治」というよりは、「安定した状態を保つ」治療という位置づけです。
もちろん、内容によっては完治が期待できる場合も多々あります。

例えるなら、
骨折した場合、痛み止めと断脚(足を切断)しか方法がなかった時代が、処置でくっつけることができるようになった・・みたいな感じでしょうか。
または、虫歯の場合、歯磨きか、抜歯の治療しかなかったのが、詰めたりいろんな処置で温存ができるようになった。
このようなイメージで動物の耳科も発展しています!!

あくまでも症状が辛くないことが一つの目安になりますよね。

当院では、今後も新たな治療にどんどんチャレンジしていきます!

耳のトラブルでお悩みの際は、ご相談くださいね。
「耳科」での当院の考え
  • ブログ
2022年08月04日(木)
こんにちは

耳科での当院のコンセプト(基本的な考え)をお話します

ズバリ

「耳の不快感が軽減すること」です

犬種によっては、もともと耳の構造や体質により、耳内環境や中耳ない環境、耳管の構造などが安定しない犬種があります。
そうすると、これらの犬種で外耳炎が発生し、悪化すると、耳の手術が必要・・となってしまいます。
症状が少ない状態で維持できるなら、それも選択肢になるのではないか?というのが基本的なコンセプトです。
そのために、当院では内視鏡や半導体レーザー、耳処置の経験を積んだスタッフと共に、耳内環境の正常化を目指しています
また、中耳炎にも対応できるデバイスを揃え、より細かい部位へのアプローチも可能になっています。

もちろん、進行や症状によっては外科手術を選択したほうが良い場合もあります
当院では基本的に「外科手術は行なっておりません」
外科手術は効果がはっきりする反面、合併症や場合により再発もあります。

なるべくは、内科治療や耳内視鏡による処置で正常化をはかり、良い状態を維持する方向で方針を検討いたします。
なので、根治、完治を目指す場合は外科手術が適応になるケースが多いため、当院での対応範囲ではありません。

今まで、他の病院で「手術した方が良い」と言われてきた症例を数々改善してきた経緯から、もちろん全てではありませんが、この手法の効果を少しでも悩む方に提供できればと思っております。
ざっくりですが、7〜8割の症例は手術を回避できています。

よく相談した上で、納得できる治療方法を提供できれば幸いです
「耳科」「皮膚科」セカンドオピニオンのお話
  • ブログ
2022年07月20日(水)
こんにちは五日市です!

最近は暑くなり、ジメジメ・・・この時期は耳や皮膚の環境も悪化しやすいですね(涙)

さて、当院では耳科、皮膚科の診察を積極的に行なっておりますが、最近は、耳科と皮膚科でお困りの方がとても増えております。
※積極的とは・・専門的な知識と、詳しい説明、最適な治療プランや飼い主さんのご要望にあったプランをいくつかご提案できる・・ということです。

どこの動物病院も全科診療なので、忙しく、特に皮膚科や耳科は治療のオプションがシンプルかつ幅広い(ここがミソ)のでなかなか手が回らないというところも多いと思います。
実際、自分も以前勤務していた動物病院では皮膚科とかよりも外科などのスキルを磨く方に注力していました・・汗
でも、ここ十年くらいは皮膚科、五年くらいは耳科の奥深さにはまっております!

やはり、「得意としている先生が診る」ほうがいいケースもあるでしょう。

日頃より、「困った皮膚科と耳科は当院で!」・・・と思われるよう、精進しております。

皮膚科では「なかなか治らない・・」という症状に対して、飼い主さんが満足していただけるレベルにコントロールすることができます。
耳科では、外科適応の症例をどう内視鏡で治療するか?が最近のテーマです。(耳の外科は合併症も比較的多く、侵襲も多い為、なるべく内視鏡で改善させてあげたいと思っております)

治療には飼い主さんの協力(投薬やケアなど)が不可欠ですので、一緒に考えていきましょう!
ご相談がございましたらお気軽にご連絡くださいませ。