皮膚病の治療例

トイプードル

トイプードルは​主に「耳」「口周囲」「眼周囲」「四肢先」「股」などに皮膚症状を認めやすく、犬種特異的な皮膚コンディションや、性格があるため普段の管理が重要になります。
また、「飼い主さんとの関係」「家庭環境」も重視しています。

このような症状は抗生剤等での管理は困難です。
また、犬種の特徴として「常同行動」「癖」が目立ちやすく、些細な皮膚病でも悪化させてしまう傾向にあります。特に四肢を舐める行動が目立つ印象です。
​シャンプーも保湿などを追加し、皮膚バリアを保つことを心がけましょう!